青汁の取る時間、回数は?

お勧めは朝と夜の2回です。

 

青汁の取り方、時間帯

 

@朝
朝に飲む理由は朝は夜寝ている間に水分が失われた状態であり、その状態で青汁を飲むと栄養が素早く効率的に吸収できるからです。

 

ちなみに僕は朝は水以外にも牛乳や豆乳、グレープフルーツジュースに入れたり、ヨーグルトに混ぜたりしてます。理由は水だけの方法で青汁を飲んでいると、飽きがくるからです(笑)味を変えておいしくしたほうが、長続きするのでお勧めです。

 

さらに、朝水分を多く取ることによって腸の動きを活発にして、便の排出を促します。

 

青汁の取り方、時間帯

 

A夜
夜に飲むのはまず第一に食べ過ぎを防ぐことです。食前に青汁を飲むと食物繊維の効果で、食欲が抑制されます。

 

第2にケールに多く含まれる「メラトニン」による快眠効果です。このメラトニンにを取り入れることによって、心地よい眠りに付くことができます。

 

私は寝る前に、ホットミルクに青汁を溶かして飲んでいます。ただし、あまり熱めのホットミルクだと青汁に含まれるビタミンが壊れてしまうので、ぬるめのホットミルクに入れて飲んでいます。(温かい飲み物は自律神経を落ちかせるので睡眠導入の効果があります)

 

ホットミルクには「トリプトファン」という成分がふくまれており、これがメラトニンの材料になります。また、安眠に導く「セロトニン」も含まれているので、ホットミルクにケールの青汁を混ぜて飲むのは1石2鳥といえます。

 

熟睡することは疲労回復効果と共に、痩せる効果もあるのでぜひ寝る前にホットミルク青汁をお勧めします。

 

もちろん昼飲むのもありですよ!その場合はもちろん食前に飲みましょう。基本的に青汁は摂取しすぎて害になることはないので、健康を意識するのであれば1日3回飲みましょう。