青汁みらいレビュー

青汁みらい

 

主原料 桑の葉・マカ・マテ茶・米ケフィラン
容量 30袋入(1袋3g)
通常・価格 4,500円(税込)、1杯あたり約150円
定期・価格 3,930円(税込)、1杯あたり約131円

 

サービスで炭の消臭剤が付いていました。(真ん中にある黒いやつです)

 

今回頼んだ「青汁みらい」は少し変わった青汁で、良く青汁で使われている”桑の葉”以外にマカ、マテ茶、米ケフィランが使われています。

 

マカはアミノ酸・ビタミン・ミネラルが豊富で、マテ茶は食物繊維が豊富なのが特徴です。また、米ケフィランは、お米由来の乳酸菌であり、整腸作用が望めます。

青汁みらいの特徴

マカ 18種類のアミノ酸が含まれ、各種ビタミン・ミネラルが豊富。
マテ茶 食物繊維が非常に豊富で「飲むサラダ」と呼ばれる。
米ケフィラン ロシア・コーカサス地方の伝統的な発酵乳ケフィアの主要成分である、ケフィランをお米で培養したもので、お米由来の乳酸菌です。腸内環境を整える効果あり。

 

青汁には普段使用されていない、マカ・マテ茶・米ケフィランが使用されています。
マカのビタミン・ミネラルに加えて、マテ茶の食物繊維と米ケフィランの乳酸菌が配合されています。さらにダイエット補助に最適な桑の葉が配合されているので、身体を引き締めたい方にお勧めの青汁です。

 

マテ茶の癖が強いので、普通の青汁とは全く違った味がします。マテ茶に慣れている人でないと、飲み続けるのは難しいと思います。また、他の青汁に比べると値段が高めになっています。

 

青汁みらい

 

開けてみると、抹茶色でサラサラとしていました。匂いを嗅いでみるとマテ茶特有の苦い匂いがややしました。

 

 

健康道場 粉末青汁を水で飲んでみた

青汁みらい

 

水で飲んでみると・・・なんだこれはまずい!

 

青汁の苦みではなくマテ茶の苦みです。ものすごく苦くて後味が最高に悪いですw
あと、米粉の味がするので個人的には、米粉の味も青汁とは合いませんでした。
これは水で飲むのはかなりきついですね。

健康道場 粉末青汁を牛乳で飲んでみた

青汁みらい

 

水が駄目なら、牛乳はどうだと思い牛乳と混ぜてみました。水よりはかなり飲みやすいですね。

 

ですが、やはりマテ茶独特の飲んだ後の苦みで、後味が最高に悪いです。でも、水で飲むよりは味がマイルドになって飲みやすかったです。

健康道場 粉末青汁をオレンジジュースで飲んでみた

 

青汁みらい

 

牛乳でも飲みづらかったので、オレンジジュースで混ぜてみたのですがマテ茶独特の苦みが消えませんでした。

 

マテ茶が元々好きな方でないと、飲みにくい青汁だと感じました。

 

 

 

まとめ

   

飲みやすさ

コスパ

 
個人的には味に個性があり過ぎてかなり、飲みづらかったです。マテ茶独特の苦みが好きな人は、逆に飲みやすいのかもしれません。

 

もう飲むのは無理という人と、マテ茶の苦みが癖になるという意見が真っ二つに分かれる青汁だと思います。